けい坊の日記

ドラクエ好きによるドラクエのプレイ記録。

ドラゴンクエストライバルズ

【ライバルズ】レジェンド到達したビアンカピサロ

投稿日:2020年6月12日 更新日:

DQライバルズ、今月もレジェンドに到達することができました。使っていたデッキはビアンカピサロです。最近ではあまり見かけなくなった天空の花嫁ビアンカですが、専用構築ならまだやれるというところをご紹介したいと思います。

押しも押されもせぬ最強のフィニッシャーであるゼルドラド。環境において最大のライバルだったヘルクラッシャーが禁止カード行きしたことで、無敵になったといっても過言ではありません。

ゼルドラドさえいればヒーローは何でもいい説ありますが、デボラカミュが健在の頃はフローラを選ぶのが普通だったと思います。レベル1でドローできることに加え、レベル2で特技ダメージ無効を付与できるのがデボラカミュ対策として有効だったことが大きかった。

ただ、現在は必ずしもフローラが最適ではないと思っていて、対抗馬としてはビアンカも悪くないと思います。ゼルドラドを出すことに全力を賭けたデッキの場合、ゼルドラド以外はドローソースと低コストユニットを中心に固める形になりますが、この構成がビアンカのレベル3スキルの家族の絆と相性がいいです。

ただ、ドローが少し弱いのが気になるので、フローラも併用しています。フローラ→ビアンカの順に使うのがふつうですが、ビアンカから使ってフローラはマリガンで返すパターンもあります。

ビアンカピサロの最大の魅力は、ゼルドラドと家族の絆という2通りのフィニッシュ手段を持っていることです。ゼルドラドだけだとシドーミネアとかの回復力の高い相手を意外と倒し切れなかったりしますが、ビアンカのレベル3なら強引に持っていくことができるようになります。ビアンカのレベル1で序盤の除去力を確保できるのも大きいですね。レベル2も盤面構築と除去を兼ね備えたスキルなので便利に使っていけます。

弱点としては、フェイスボールやシールドアタックとかのダメージ軽減には弱いことでしょうか。毒対策としてもこれらのダメージ軽減系カードは一応有効なので、今後採用率が上がってくる可能性があり、向かい風になるかもしれません。

-ドラゴンクエストライバルズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ライバルズ】新弾で使いたいデッキ

DQライバルズの新弾リリースまであと2日となりましたが、今日は新弾で私が使いたいと思っているデッキを書きたいと思います。 アンデッドガーデンビアンカピサロ 新カードのアンデッドガーデンを採用したビアン …

【ライバルズ】ビルドミネアを研究中

DQライバルズ、ビルドミネアの実験を始めました。まだ試行中ですが、今のところのデッキは次の写真のような感じ。 速攻を持ったユニットを多めに採用して、序盤からアグレッシブに攻めていくタイプのミネアです。 …

【ライバルズ】氷塊ゼシカ

DQライバルズ、昨日の記事で公開したドラゴンククールはやっぱりあんまり強くなくて、プラチナ2くらいから勝てなくなりました。 そこで新たに作ったのが氷塊ゼシカ。氷塊軸も7月1日のバランス調整で強化された …

【ライバルズ】闘技場攻略・第2回

※この記事は、第10弾環境において執筆したものです。 DQライバルズの闘技場攻略記事、今回は第2回です。 前回の記事では、そもそも闘技場で遊ぶメリットは何かと考えたときに、やはり10勝を目指すべきであ …

【ライバルズ】闘技場攻略・第4回(テリー編)

※この記事は、第10弾環境において執筆したものです。 DQライバルズの闘技場攻略、第4回です。 前回までは、闘技場で強いデッキを作るために、全リーダー共通のポイントを説明してきました。 今回からは、リ …