けい坊の日記

ドラクエ好きによるドラクエのプレイ記録。

DQけしケシ

【DQけしケシ】ギラとベギラゴンは同じダメージ倍率です

投稿日:2022年1月23日 更新日:

こんにちは、けい坊です。

DQけしケシのダメージ調査、引き続き進めています。

前回の記事では、イオ系呪文の調査を行い、イオナズンとイオラのダメージ倍率が同じだということを明らかにしました。

イオ系呪文持ちのドラけしは★5~★3にしか存在しないため、★2以下のドラけしについての調査ができませんでした。そこで、今回は★2以下にも存在する呪文ということで、ギラ系のダメージ計算式を調査してみました。

基礎知識

まずは基礎知識のおさらいから。

スキルを使わず、敵に隣接するマスで普通に消した場合の攻撃を「通常攻撃」と呼ぶことにします。通常攻撃のダメージは、以下の計算式で求められます。

(ダメージ)=(攻撃力/2 – 守備力/4)× (属性補正率)

※属性補正率:有利…1.2、普通…1.0、不利…0.8

※端数処理の関係で若干誤差が生じます

この通常攻撃のダメージに対して、スキルごとに決まった倍率を掛け算することで、スキル使用時のダメージが求められるようです(現在検証中)。

ギラ系呪文のダメージ計算式

早速ですが、スキルレベル1の場合のギラ系呪文のダメージ計算式はこちらです。

(ギラ系呪文ダメージ)=(通常攻撃のダメージ)×5.5 + 5.5

※スキルレベル1の場合

※端数処理の関係で若干誤差が生じます

通常攻撃ダメージの約5.5倍のダメージということになります。イオ系は4.5倍でしたので、それよりもやや高いですが、攻撃範囲を考慮すると少し控えめな印象はありますね。

にじくじゃく「今のはギラではない、ベギラゴンだ」

さて、ここからが面白いところです。

ギラ系呪文として現在実装されているのはベギラゴンとギラです。ベギラゴンを持っているのは★5のにじくじゃくですね。そして、ギラを持っているのは★2のまじゅつしとグール、★1のまほうつかいの3体です。

最高ランクのにじくじゃくが繰り出す最高位呪文のベギラゴンですから、さぞかし強いに違いないと思うでしょう。まして低ランクキャラのギラとは比較にならない大ダメージを期待するのが自然な感覚です。

が、実はベギラゴンとギラのダメージ倍率は同じ(5.5倍)。攻撃力が同じならダメージも同じになるのです。

検証結果は下の画像をご覧ください。

にじくじゃくのベギラゴンとまほうつかいのギラのダメージを比較しました。攻撃力はどちらも30で同じ。このとき、与えるダメージは1マスあたり71ポイントで全く同じになりました。

けしケシの世界では、呪文のランクというものは単なる演出上の違いでしかないのかもしれません。あるいは、「小さな炎」で「地獄の火炎」相当のダメージを出すまほうつかいが凄すぎるのかも。にじくじゃくさんのことはあまり責めないであげてください。(かつてのライバルズでも弱いと揶揄されてたので)

レアリティとは一体

今回のギラ系の調査では、★5と★1でもダメージ倍率が同じという衝撃の結果が得られました。どうも呪文系の攻撃スキルに関しては、ダメージ倍率とレアリティは無関係であるように思えます。

ただ、まだ結論づけるのは早いので、これからも引き続き追加調査を行っていきます。また、ある程度調査結果がまとまったところでご報告したいと思います。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村

関連記事&スポンサーリンク


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/NHN PlayArt/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

-DQけしケシ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


DQライバルズを中心に攻略していました。