けい坊の日記

ドラクエ好きによるドラクエのプレイ記録。

RTA

DQ11Sの変更点を利用してRTA戦略が大きく変わる箇所を解説します

投稿日:2020年1月4日 更新日:

コンビニの弁当に、温め時間の目安が書いてありますよね。500Wで3分30秒、みたいなやつです。家で温めるとき、少しでも時間短縮をしたいと思って、自宅の電子レンジの最大出力である600Wに設定して、500Wで3分30秒つまり210秒だから600Wだと210×5/6=175秒、つまり2分55秒だ!…という計算をしている間に35秒以上経ってしまっていて、結局タイムロスになっていたということってありますよね。

さて、弁当温めのタイムロスは許せてもRTAのタイムロスは許せない私。今日は、DQ11SのPS4版からの違いによって劇的に戦略が変化する箇所について説明します。


不思議な鍛冶の機能向上により錬金可能時期が早まった!

DQ11Sでは、不思議な鍛冶の機能が拡張されていて、素材が持ち物になくても、店売りの素材であればその場で代金を支払うことで鍛冶ができる仕組みになっています。

ここで重要なのは、ストーリーの進行上、対象の素材がまだ店売りされていない場合でも、鍛冶ができてしまうという点です。例えば、世界に異変が起きた後に初めて店売りされる素材であったとしても、異変前にその素材を買って鍛冶ができてしまうということです。

ユグノア装備の早期錬金により安定感が向上

この技を使うと、RTAの戦略が劇的に変わる箇所があります。それは、ユグノアの兜・ユグノアの鎧を作れるようになることです。ユグノア装備のレシピは、ユグノア城跡に落ちているので簡単に手に入ります。そして、そのレシピにはプラチナ鉱石が必要になっています。プラチナ鉱石は、店売りされるのは世界に異変が起きた後。なので、PS4版のRTAでは全く候補に挙がらない装備でしたが、DQ11Sでは実用化できるようになりました。

この防具は、この時点で買える防具の中で最強クラスである鋼鉄の兜や鋼鉄の鎧よりも守備力が高いです。これによって、グロッタの闘技場イベント戦が大幅に安定するのが最大の利点です。鎧と兜だけで防御力が十分高くなるので、盾を用意しなくても良くなったのも大きい。PS4版では、攻撃時には両手剣を持って攻撃、防御や回復時には盾に装備を変更、ということを闘技場でやっていましたが、それも不要になりました。おまけに、この防具は素材代に対して比較的高額で売却できます。これもRTA的には大きいです。

序盤からスキルリセットを駆使して強力特技を早期取得できるようになった!

DQ11Sでは、冒険序盤からスキルリセットができるようになりました。PS4版では、スキルリセットが可能になるタイミングは「世界に異変が起きた後」でしたが、DQ11Sでは、それが「ベロニカとセーニャが仲間になった後」に大きく前倒しされました。

スキルリセットの活用方法

序盤のスキルポイントが少ないときにスキルリセットできても嬉しくないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。例えばシルビアの場合は、スキルリセットを駆使することで、初期レベルでもハッスルダンスを習得することが可能です。

シルビアのスキルパネル図

ハッスルダンスはおとめスキルで習得できますが、スキルパネル上でおとめスキルの領域は原点から離れており、他のスキルの領域を経由しなければなりません。上図で言うと、④のスキルを取得するには①②③にスキルポイントを振らないといけないということです。

しかし、スキルリセットを利用することで、④取得後に①②③をリセットし、そこで消費したスキルポイントを回収することができます。このスキルポイントを使って、④を起点として更におとめスキルを獲得していくことが可能になるという仕組みです。

この仕組みを使えば、初期レベルでもハッスルダンスを取得することが可能になります。

スキルリセットによって早期習得できる特技

この方法によって早期取得できる特技は、上記のハッスルダンスのほかに、マルティナのさみだれ突きがあります。さみだれ突きも、マルティナ加入直後に初期レベルで習得することが可能です。RTAでは、この2つの特技が非常に重宝します。

ハッスルダンスは、シルビア加入~魔王誕生までの中盤のシナリオにおいて、全体攻撃を使ってくるボス戦で役立ちます。特にアラクラトロ。ハッスルダンスがなかったときと比べて、負けパターンをかなり減らすことができるようになりました。それ以降も、メルトアやリーズレット戦で全体攻撃のダメージを1手で回復できるようになり、撃破ターン数の短縮につながっています。

そしてさみだれ突き。こちらの方がタイム短縮への貢献度は高いです。PS4版では中盤のマルティナにはまともな攻撃特技がなく、倍率1.3倍のヒップアタックに頼るしかなかったところ、倍率3倍のさみだれ突きを獲得したことで攻撃能力が格段に向上しました。例えばクラーゴンなんかは4ターンで沈められます。

副次的効果

こうした強力な特技によって、PS4版では丁寧に戦っていたボス戦でも、かなり大味な戦い方が可能になりました。そのため、防具や回復アイテムなどの購入量も減らすことができています。例えば、リーズレット戦での氷属性耐性防具など。そして、余ったお金を使ってより攻撃的なアイテムを購入。資金使途のシフトによって、更なるタイム短縮を狙う戦略が可能となっています。


(C) 2017, 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO
(P) SUGIYAMA KOBO


-RTA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DQ6リカバリーTA大会に参加

7/17(月)に夢幻斎さんの主催で開催されたDQ6リカバリーTA大会。こちらにプレイヤーとして参加させていただきました。 この大会の振り返りをする記事になります。プレイ中に考えていたことや感想を中心に …

RTA in Japanを観戦してわかった見世物としてのRTAのあり方とは

昨晩、会社の友達に誘われてRTA in Japanというイベントの観覧に行ってきました。かつては東大ゲーム研究会でRTAイベントの開催にも関わった人間として、今回のイベントから思うRTAの見せ方につい …

DQ11SRTAで使える小ネタ3選

ここ最近、DQ11SのRTA研究を進めています。DQ11Sになってから改めて丁寧にプレイする中で、色々と新しい発見もありました。この記事では、DQ11SのRTAで使える小ネタを3つ、紹介していきます。 …

DQライバルズを中心に攻略しています。